スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

い、切る、イキル、


※自傷行為について書きます。


わたしはいつだって、生きることや、死ぬことについて、考えている。

生きること、しぬこと、それらに関わるいろんなことについてのさまざまな疑問にぶちあたるたび、たくさん考えたり、ひとの話を求めては、自分なりのこたえを出してきた。

なぜ生きるのか?なぜ死にたいと思うのか?なぜ、それなのに死ねないのか?

今の私にとって、それらにたいするこたえはすべて、創作のため、と、いまは言い切れる。

わたしはこたえを見つけた。

そもそも、なぜ、こたえなんか、必要なんだろうか。


だってそりゃ、生きることなんかくだらないし、でも死ぬのは怖いし、いいことなんかろくにないけど、嫌なことは山ほどあってさ、あったりまえじゃん。なにかにすがってないと生きられないなんてさ。

生きるために死なないために、死ねない自分すら納得させるために。すがるもの。わずらわしい思考を停止させてくれるもの。わたしに意味を与えてくれるもの。死にたい気持ちのその衝動それすら受け止めてくれるもの。

それは、人によって、たとえば、恋愛だったり、性だったり、仕事だったり、スポーツだったり、お酒やタバコだったり、食べることだったり食べないことだったり、ファッションや美容だったり、宗教だったり、ギャンブルだったり、買い物だったり、薬だったり、

たまたま、手首を切ること、だったりする。


要はだれかしら何かしらそういうものを持っているので、生きること、それそのものが、自傷行為だと言ってしまっていいとおもっている。

どう考えたって、つらくて苦しくて、だからなにかでごまかして、いっとき満たされたような気になって、また自ら苦しみに行くなんてさ。

そうしないと生きてけないような世界なんてね。それ自体おっっかしいんだけど、でもそう簡単に世界は変わってくれないし、じゃあ自分を変えたいんだけど、死にたいもんは死にたいしつらいもんはつらいし。変えられないから。ごまかすしかないんだよね。


じゃあなぜ、「リストカット」、手首を刃物で傷つけること、にそれが向かうのか。

わたしが初めて、切ったのは中学生のとき、思春期特有の悩みの最中、そういえばこういう気持ちのときにするらしいリストカットというものはなぜ切るのだろう、そんなにスっとするのかなと試してみたのがはじまりである。

よく、「リスカは伝染する」という文言をみかける。私のもそう分類されるのだろう。

けっこう、自傷そのものからリストカットについてとか、たくさん考えて来て、メンタルサイトでいろんな疑問やエピソードをアンケートして集めたりしてた。

具体的にデータとして統計したわけではないけれど、きっかけとして、手首はとっさに目に付く、すぐ切れる、血管が通ってるし、とかって理由もあれば、リストカット、に対する、ある種の好奇心から、という理由ももちろんあり。

私なんかは、自分で手首に傷、だとすぐじぶんでやったとばれるぞと思い、二の腕とかやってごまかしたりもしてた。

かといって、リストカット、という行為や言葉や画像が広まること、その知識をもつ人が増えることが、人に伝染するから、という理由で自重されるべきとも思わないけど。
生きることそのものが自傷だしそのかたちは様々で、切るやつは切るし、別のやり方があるやつはそうするだけの話だ。

人間みな自傷行為に依存しているのだから。手首どうこういってもしょうがないきっと。


ところが、手首を切るということ、死ねそうで死ねない、鮮血のあふれるこの行為は、こういっちゃあアレだけど、とってもとってもインパクトがあり、また都合がよい。

そのため、創作のなかであつかわれ、次第にいわゆるメンヘラ、不安定や思春期、ちょっとしちゃった病み、それらの象徴、記号として定着していったのである。

制服や恋愛、手軽に毒を加えたいかわいさ、それらとリストカットは非常に相性が良かった、さいきん言われてしまってる、絵柄の流行り、たどりつくほどにえがかれていった。


生きること、そのものが自傷。そしてその、自傷行為の代表で象徴で記号で、つまり神の位置に君臨するリストカット少女。

制服リストカット少女に天使や十字架がまたよく共にえがかれ、相性がよいのもそのためであろう。

だってね、手首を切ることは、
わたしたちの生きて行きづらい世界。
それを断ち切る、
革命する、
わたしたちのすがるもの、わたしたちを救うもの。


かみさま。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。