ツナガル世界、性。


「性的なるもの」。


それらにわたしは、いつだってふりまわされてきた。

そもそも、わたしの誕生そのものも、性であり、性があったからこそのことで。

また生まれたそのときから、問答無用で性を抱えさせられていること。

前回の記事でも書いた。

うまれたときからおんなのこ。
ううん、うまれたときからまんこがあるだけ。


ヒステリー、という言葉は、子宮、を意味する言葉から由来している。

そうだからうまれつき、子宮でまんこでおんなだから。狂気を。パニックを、からだに秘めているというこの、、、、


とかそんなことをつねに思いながら電車にのっていたりする。

見渡せば様々ではあれど、しょせんいろんな形の男、女、おとこ、おんながひしめきあっているだけである。

性の世界とはわたしにとって、日常から隔絶された、特殊な、それこそにんげんのなにもかもがはだかの無防備の、異空間であるとおもっていた。

だからこそ、高速道路に現れるラブホテルの看板にワクワクした。駅で甘ったるくいちゃつくカップルに吐き気がした。アダルトショップに入るのもいちいち恥ずかしがってみたりした。知り合いの性の話はどんなものであってもショッキングであった。


性は表立ってだすものでもないし、でもどこかに確実に営まれて。その秘密裏のパワーとひそやかさに惹かれていた。かくさなくてはいけないはずのもの。なのにそこまでしてやったりやられたりしている、得体のしれない引力。面白いとおもった。性に関しての絵やツイートが増えだしたのはそんなときだった。


わたしが、性を異質な、非日常だととらえていたのは、ある意味で性をなによりかけがえなく、とくべつに、たいせつにおもっていたからだ。
それだから、しあわせ、をそこに重ねたり、傷ついたり、あと、日常にとつぜんとして性が現れるとそれは、わたしにとって交通事故のような。あまりに衝撃をもたらすのだ。

ひそやかで、スリルで、ショッキング。とっても興奮で、とってもくるしかった。

だって、そんなにそんなに。わたしの脳に体に心をダイレクトに揺さぶるほど。だいじなとくべつなことだから。

麻薬に手をだすような、いけない性衝動、と、内側でくすぶる、だいじでピュアな性願望。

そうわたしは、歪みすぎるほどにピュアだった。純粋だから、どこまでも性は重たくなった。

だがしかしだ。性なんて、たいしたことじゃあないのだほんとうは。

どこにだって性の気配はあって、みんな素知らぬ顔で歩いてる。きたないのも、純粋なのも、わたしだけだと思ってくるしんでた。ううん、性だから人間で、人間だから性だった。みんな。みんな。

そんなにだいじにするようなもんじゃない、そういうもんだ、ってみんな本能的に区別して、当たり前の性を。あたりまえにまっとうし、消費している。

たかが性。性の世界。なんにもとくべつなんかじゃない。ピュアな夢物語でも、トリップ空間でもなくて。ほんとうはピンクの霧よりも、灰色のゴミ捨て場を見て目をそらすときの感覚がにあうような、なぁんでもない。ただのただのただの、しょせんの、、、、、、


じゃあさ。どうしろというのだ。

ぬぐっても、なにもかもふさいでも、どこかしこに性のにおいがあって消えない。生まれたときからしばられているのに。解放されない。

どうせ消えない。なら、とくべつに大事にして、たのしんだり利用したりえがいたりすればいいのだと思ってた。だから考察したの思考したの、不快と思われようと言ってえがいたの。

だけどなんでもない性をなんでもなくあつかっている人々が、なんの考えもなしになんでもなく私の思考をからだをこころをむさぼって、そのうえ、そうしているほうが結果、ほんとうのかけがえのないたいせつな性を、てにいれていく。


このせかいはいつだってそうだ。性のことだけじゃない。すべてをだいじになんてむりで。なんとなくをうまくこなせるひとが最後にはだいじにされる。


表現はわたしを、わたしの性を救うと思ってた。ううん、どうせたいしたことでもないので、そんなものをえがいたところでなにも伝わりません。

性の世界は日常とあたりまえにつながっている。わたしは日常を生きられなかった。だから。きっと、もうどこにも、

スポンサーサイト

「おんなのこ」ってなんだ。

「ピンク色をもっとくれ。
 わたしが少女であるために」

大森靖子がさけんだ。


おんなのこってなんだ。

わたしのこころのなかに常にある思い。

少女。女の子。
つねに色々な媒体で表現され、晒され、そして消費されてきた。

わたしもたくさん、えがいてきた。たくさんみてきた。
そもそも、わたしにだって、あったはずなんだ。

おんなのこ。オンナノコ。


わたしが生まれたとき。間違いなく、オンナノコですよと言われただろう。
わたしがちいさいとき。いつも言われた、オンナノコなんだから。
わたしの思春期。つねに笑われた。女のくせに。と。

そして突如。投げかけられた。
オンナノコとして、ちゃんと見てるよ。

どろついた、おぞましい、意味合いを含んだ、おんなのこ。



わたしは、小学生くらいのころから、まわりのひとより太っています。

ほんとうにほんとうに、ちいさかったころは、ふとってもいなくて、きっとちゃんとオンナノコしてたはずです。

ピンクのひらひらお人形みたいなワンピース。セーラームーンみたいなツインテールをして、アルバムにうつっているすがたもありました。

だけど、太ってから。あれからきっとわたしの、オンナノコ、に対する呪縛が始まったのです。


怖かった。ピンク色やスカート。きっと嫌いじゃなかった。でも、笑われるのが怖かった。

今まで、オンナノコなんだから、と言われていたわたしが、女のくせに。と言われるように変わったときです。

髪の毛も短かった。きたないかっこうでゲームばかりしてた。男の子と遊んで、おんなのこらしいことは拒絶した。

おしゃれして学校にきて、メイクや髪型のはなしに興じているおんなのこたちをにらみつけた。

中学生にあがって、制服のスカートをはくのが嫌で嫌でしかたがなかった。泣いた。きっと笑われると思った。でも実際笑われたのは、そんなこときにしてきにしてばかりいる姿のほうだったのに。

中学校でも相変わらずおんなのこは苦手だった。でも男の子は前みたいにあそんでくれない。


高校にあがって、ロリータの服を、世界を知った。ああ似合わなくても好きなら着ればいいんだ、笑われても自分のために着ている服ならそれでいいんだと思えるようになった。

それからメイクを覚えたり、ピンクや動物のかわいいものたちを集めるようになった。やっとおんなのこになれた気分でうれしかった。

そんな折、中学生のころ同級生の男子に再開した。おんなのこらしくなったねっていわれた。そうしてさらに、

「まあ、ずっとあのころから、みんなが何といっても、オンナノコとして、俺はみてたけどね」



わたしがくるしみ、追い求めてきた、オンナノコ。
そこに、性が。介入してきたときである。

あのときはまだわからなかった。ずっと誰も、わたしをオンナノコだと言ってくれなかった。わたしはこんなに、オンナノコなのに。認めてもらえた?こんなんでも、オンナノコなの?オンナノコだとみてくれるなら、、、、、、


もうそこからはくずれて、ゆがんでくばっかり。

そう、所詮ね、わたしが求めて、夢見て、焦がれて、やっとつかんだ気でいたものなんてね。

このからだにうまれつきそなわった。まんこでしか。なかったのだ。


目をそらしていたんだ。はじめて自分の性器をまじまじと見たとき思わず驚いたあの感じ。お風呂に入るときみた大人の陰毛。初潮がきたときのわけがわからなさ。にやつくまわりの大人たち。

いいえ、いつまでも少女でいたかったなどわがままはさすがに言わない。ただ、信じたかった。わたしがなりたくてなれなくて、ほしがりつづけた、おんなのこ。それが、たかがまんことおなじことにされたくなかった。そんなものとはちがうと思いたかった。


わたしはいまだって、おんなのこがわからない。

だからあつめている、えがいている。

ピンクやキラキラ、ふりふりリボン、童話や変身少女、動物さんやファンシーキャラクター。

ばかみたい。アホみたい。だけどわたしは、おんなのこじゃないから。なれなかったから。こんな。単純で安直で、小学生すら、だっさ~いって笑いそうな、幼稚な少女趣味しか知らない。わからない。


そんなもので囲ったって、性器を、まんこをもって生まれてしまった時点で。わたしはわたしの価値より、おんなのこのすがたより、ただまんこをもってるその事実を何より優先して判断される。


だいすきなピンク色。ほんとうは、性器のように、黒ずんでしまっているのかもしれない。

手垢とか欲望とか。わたしの夢の燃えかすとか。たくさんのグチャドロで。


(生々しさを伝えたかったのであえて伏字などせず表記しました。)


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR