なかなわとび

nakanawatobi2-2.jpg
nakanawatobi1-1.jpg

199Xにて展示させていただいた絵、二作目です。
二枚で対になっています。

ながなわとびは、一番残酷な体育だ。

そして学校生活、クラスというもの、いや、人間関係全てと言ってもいいぐらいのすべてを象徴している。

回し続けるものがいる。そのリズムにあわせて、「みんなで」同じタイミングで、規律を乱さず、無意味に数字を数えながら、一斉にその場を跳び続ける。進むわけでも、他のスポーツのように勝ち負けや点数はない。ただ引っかからずに跳ぶことそれだけがルールの、スポーツとも言えないこれがどうしてここまで残酷なのか。

私は、中学生の頃、体育祭の長縄跳びの練習で足を怪我した。

長縄跳びのために朝練や練習のための授業があるほどの気合いの入れよう。今でも寒気がする。みんなさ、普段はなかまはずれのくせにさ、こういうときだけ団結、クラスの絆なんて言葉を使いたがるんだよね。縄跳びなんか跳びたくないから、なかまはずれでいいのに。

私はその日も何度も何度も引っかかって、暑かったし、クラスの士気は完全に萎えていた。男子ではやってらんねーとそのへんに座り出すやつもいた。ダルダルの気分のまままた縄が動き出す繰り返しのうちに、私は縄につまづき、そのまま転んだ。明らかにそのとき変な方向に足が曲がったのを覚えてる。動きの止まる縄。暑さの中の静寂。地面にうずくまる私。刺さる視線。
次の縄から痛いから休ませて欲しいと階段のある日陰の方に避難したが、その日はサボる男子が多かったためか、私もサボリだと思われて、女子には散々不満を言われた。
それでもどうしても痛かったので足をおさえながら見学をしていた。正直歩ける状態でもなかった。のに。

さっき私に不満を垂れた女子が「最後だから全員揃って跳ぼう」と言ってきた。私は足が…と思いながらもみょうな義務感と罪悪感から縄に加わった。痛みはもはや感じてなかった。その日は午後の練習も部活もして、家に帰った。瞬間激痛が戻ってきて、泣いた。
親に病院に連れてってもらうと、激しい捻挫、だったらしい。すぐに治療せず傷ついた足を酷使したせいで悪化してると言われた。1ヶ月ぐらい松葉杖になった。
松葉杖を使うのははじめてで、病院を出て自室につくまでだけでも泣きそうなぐらい苦労した。お風呂やトイレは床を這って行った。次の日、親に送ってもらい松葉杖をついて登校した。

いろいろな人に「どうしたの?」と聞かれたけど、昨日私に不満を言った女子とも目が合った。彼女が言ったのは、「まさか昨日の?そんなに大したことだったんだ。てかほんとだったんだ。でも骨折じゃなくて捻挫ならまあまだましだよね」という感想のみで、謝罪らしき言葉すらなかった。そりゃあ引っかかった私が悪いけれど、本当に痛かったのを信じてもらえなかったことには相当ショックを受けていたので。悪気は無かったんだろうけど、せめて気遣って欲しかった。それだけである。

今も片足で立つとふらふらする程度には後遺症が残っていて、長縄跳びのあの縄がスパンと地面に叩きつけられる音は、ギロチンのように私を処刑寸前みたいな気持ちにさせるんだよ。


そういう経験から、長縄跳びはとても残酷だと思っている。あれは回数を跳ぶことが重要じゃなくてね、みんなで一斉に跳ぶから重要なんでしょう?なかよしの縄跳び。なかなわとび。


そんな絵です。でも、私は縄跳びを主導してる子をぶっころしたかっただけじゃないんです。自分が丁寧に編んだ命のような髪の毛を、踏まれるかもしれないのに縄跳びさせるっていうのは、私の大切な物はふみにじらないよね?つまり、あんたは絶対引っかかるなよ、引っかからないよね?って信用があるからなんですよね。そう思ってます。

でも、そう信用して愛してる相手になら、みつあみを切断されても、傷つけられても、許さなきゃいけないよね?っていう友情と信頼の矛盾が生まれるんです。

そういった信頼の重たさ、クラス関係の矛盾、これはいじめとか単純な問題でもなくて、いじめにすらなりきれない、でも生きていたら絶対に切り離せない人間関係の真理だと思ってます。
とてもたちがわるくて、でも絶対あって、みんなあるのにみんなかくしてて、言われなくても同じようにして、言葉にもできないような、ナチュラルで一見平和な息苦しさ。
あの子も私も、そうやっていきている。いつ逆襲されるかもわからないのに、笑いながら手の裏では不安をこねくりまわしてる。だからこの絵にも傍観者がいるんだ。傍観者はただ見てるから傍観者なんじゃなくて、空気を見るから傍観者なのだ。冗談ははやし立てて、いわゆるノリとかいじられってものを上手くつかいこなし、冗談じゃ済まない話になったら、今度は被害者にだってなれる。傍観者はなあんにもわるくないよ。ただ器用なみんなよりも器用すぎてしまうだけなのだ。


この絵については、自分でも語り尽くせないし、自分でも理解の届かないところがあって、見る度に新しい解釈があるし、伝えきれないのが悔しい。

だけどさ、みんなグロい、怖いと言うけれど、たまたまこの絵ではこう見えるだけであって、あなたたちだってその言葉の裏に、何重にも包んだこの絵と同じものをもってるんだろう?
スポンサーサイト

おたんじょうびごっこ

rousoku-2-1.jpg

(きゅーえっくすで展示した絵の一つです。)

お誕生日といえば、バースデーケーキとロウソクでお祝いだよね。
そう言って火をつけた。
全部のロウソクに火が灯るまでにもたもたしていて、ぽたり、とロウが垂れてしまった。

真っ白い生クリーム、そこに、原色のそれはまるで誰かの血液か、涙かのように、異彩なデコレーションを添えた。

私はふっとロウソクを吹き消し、そのどちらともを暗闇へと葬り去るのだ。
真っ暗になったその先に、誰のどんな世界がこっそりと営まれているかも知らずに。




そんな絵です!
この絵の裏テーマは「SM」だったりもしてます。
ロウソクの子は女の子なのか男の子なのか人間なのかすらわかりません。火をつけたら現れるロウソクの精かなにかの可能性が高いです。からだじゅうがロウでできていて、どこからでもロウソクが生やせます。髪も脚もドロドロなキャンドルちゃん。
ケーキな女の子はただの女の子です。ケーキの精でも擬人化でもありません。本当にただの女の子で、きっと誕生日ケーキが買ってもらえず悲しかったんだと思います。

自分でケーキを買って帰ったら、いたずらなロウソクの精が飛び出し、自分がケーキにされちゃいました。でも、もうひとりじゃないよね。って。

だけども、ロウソクちゃんがケーキちゃんをいぢめるのにも、ロウで出来た自分の身を削って(溶かして?)だし、そうしてる間にも炎は刻々とロウソクちゃんの寿命を近づけていきます。それにケーキちゃんも、いつまでもそうしてはいられません。おたんじょうびは終わりがきます。主役でいられるのは一日だけなのです。ショートケーキって、賞味期限短いしね。

そんなアブナい二人の関係も、誰かがロウソクを吹き消したら一緒で暗闇に隠されてきえてしまう。以外と切ない儚いもんじゃないですか?おたんじょうびって。

199X展④

ついに私が在廊できる199X展最後の日になりました。
本当は翌日までいたかった。そうすれば会期中ずっと在廊できて、しかも打ち上げにも出られたのに…。

この日は午前中妹と池袋で遊んできゅーえっくすへの到着が多少遅れました。
行きに高円寺のドーナツ屋さんで家族へのおみやげを買った。初日に差し入れでいただいて、おいしくてかわいくて感激していた動物の形のドーナツ。家族に気に入ってもらえて買ってよかったなあ。

平日だからか、前日などにくらべればゆったりとした雰囲気。しかしこの日はなんとうれしいことに、「物子さんの絵見に来たよ!」と言ってくださる方が複数名いて、最後の最後に衝撃でした。

Twitterやpixivでいつも私が見ている人ばっかり!「来るよー」という言葉を聞いてなかった方もいたので、余計にオドロキでした。
憧れの絵描きさんにはまたまたスケブをお願いしてしまった…快くお受けして下さり、時間までかなりかけていただいて、出来上がっていく様を見ながら常に興奮状態でした。さりげなく左ききが集結していたのも面白かった(私も左きき)

あとこの日は私の絵を見る目的で来てくださった方はもちろん、そうでないお客さんも、私の絵に興味を持って色々言ってもらえてわくわくしました。

初対面のお客さんに、「グロい」「怖い」などど言われていたのでうれしくなり、それ描いたの私でーすなんて出て行き色々と語ってしまった。真剣に聞いていただいたり、お客さんの受け止めた私の絵について意見をいただけて、自分の絵がもっと好きになれそうでした。

夕方近づいてきたころ、暇になった私は感想ノートを手に取りました。
今日来てくれたインターネット上の知り合いたちの書き込みを読む。字や言葉や添えられたイラストにその人がにじみでていて、ああ、あの人にあったんだなあ。会話したんだなあとじんわり実感。
最後だから、と、今までロクなこと書いてなかった私も、ちゃんと書き始め、たら言葉がとまんない。
ほんととまんなかった。何を伝えればいいのかわからないし、何を伝えたいのかもわからない!パニックで感情のまま黒ボールペンが走る。ただでさえ汚いっつーのに荒れる文字。誤字は塗りつぶす。気がつくと私の不器用なメッセージで丸々一ページ埋め尽くす勢いだった。

これはイカンと後から恥ずかしくなって、でも感謝の気持ちがこうでもして伝わってくれればと思ったんだ。でも読まれてる。恥ずかしい!きゃーあ

最後なんだからと展示作品も相当目に焼き付けてきた。今まで以上にかなり至近距離で、写真やデータに残らない、「展示」されている作品としてのすがたとか、絵の具に残る筆の跡にいちいち感動してみたりした。ようやく歩きなれたギャラリー周辺の道路の写真も記念にとってみた。

太陽が沈んで暗くなるにつれ、切なくなってゆくきゅーえっくす空間。「もう帰るんだ」という私と妹、「明日で最後なんだ」という参加者の方々のちょっぴり寂しい気持ちが、時間のおかげでお客さんのほとんどいなくなったギャラリーにぼんやり浮かんでいた。

そんな切ない気分で帰り支度。置きっぱなしになった画材も回収し、控え室で荷物をまとめていると、参加者さんのひとりが、「食べきれないですから!それに、楽しい帰りになるように」と、差し入れでいただいていたお菓子の一部をおすそ分けしてくださりました。

参加者の皆さん、主催者さん、ギャラリーの方みなさんにもう何度も何度もお礼と挨拶をし、もうもしかしたら、二度と歩かないかもしれない、ギャラリーから商店街を通って高円寺駅に向かう道を歩く。

最後途中まで一緒だった参加者の方に電車まで案内していただいた…申し訳ない。そんな私たち姉妹は新幹線に乗り込んで、うとうとしているとあっという間に地元駅でした。

やっぱり地元が一番!って思うのは、旅行に行ったらお約束だけど、あのギャラリーと、きゅーえっくすのもっていたキラキラパワーは、他の場所他の時では手にはいらないものだから、終わっちゃったのか。と、少し残念ではありました。
しかし現実感とか喪失感はなかったです。むしろ得るものが大きかったから。あのキラキラパワーが持続してくれていたようで、地元についてもどこか夢の中のような、輝きが延長されたような感覚の中にいました。

こうして、私の初の展示参加は終了しました。
次の日からバイトで浮遊感のまま現実に連れ戻され、Twitterでみなさんの打ち上げの様子、きゅーえっくすリターンズがあるかもしれないという噂などに、まだまだドキドキワクワクは続きそうですけどね。

何度も書くようだけど、今回参加して本当に良かった。色々な人に絵を見てもらえ良かった。色々な人と関わり出会い会話できて良かった。色々な力に圧倒されて良かった。ほかにもたくさん、書ききれないほどの刺激と、思い出に触れられて良かった。

そんな気持ちで胸がいっぱいです。

これを機会に創作の世界、美術の世界、インターネットの世界、色々な世界に存在を刻みつけていきたい。発信したい。もっともっと、

しつこいですがみなさまありがとうございました。大変お疲れ様でした。です。


展示した絵については作品説明と一緒にまた記事を書こうと思ってます。

199X展③


三日目は午前中に原宿に寄って人の多さと刺激の多さに目をチカチカさせてきたりしました。全然ゆっくり見られなかったのでまたいつか行きたいです。

三日目はライブペイントを特にがんばりました。一応公式に私の在廊日となっていた日であり、またこの日に完成を目標としてみんな動いていたので。

それまで私はおしゃべりしたりして遊んでいて、ライブペイントも下書き状態で放置していたものが多かったので、この日はなるべくあそばずやるぞ!という気持ちでした。

持参したアクリルを手にとり色を置く。うーん、普段机に平置きして描くことが多いせいか、いつもよりうまくいかない!パレットをあまり使わないクセのせいでべたべた塗りになってしまうぞ…と思いながら女の子を何体か描く。

みんななんとか完成に近づけようと、この日はとにかく隙間産業。増殖してゆく女の子。間にはさまっていく幾何学模様や文字。白いとこをなくしちゃおうと絵の具やいろえんぴつで染まっていく背景。
ばらばらのキャラクターたちが一つの「絵」としてまとまっていく瞬間でした。
「埋まったね!」「埋まった埋まった~」感慨深くてそんなことばかり口にしてました。

そしてこの日はみんなでスケブ充した日でもありました。誰からやり始めたかはわかりませんが、スケブやらクロッキー帳やらにお互いお絵かきっこ。私も描いてもらっちゃったり描かせてもらっちゃったりしました。メッセージをそえたり、リクエストしあったり、ライブペイントとはまた違った絵のコミュニケーションができました。素敵な方々の生絵…!つぎつぎ生まれていくさらさらっと美しい線をうっとりと見つめちゃったりもしました。

そんなこんなで割と本格的に絵と向き合ってた一日だったんですが、この日も知り合いがたくさん来て下さりました。ネットで昔から世話になってる人と、あとはなんと中学校の同級生が愛知からはるばるやってきてくれました!

見に来てね、よろしくね、とは言っていましたが、遠いし忙しいのにかなりのハードスケジュールの中来てくれて、感動して最初会ったとき叫んで抱きついてしまいました。

ライブペイントで頭いっぱいであんまり話したりできなかったのが申し訳ないです…でも、ありがとね!


この日は家族は帰りましたが、妹だけ残って東京散策したいということで、夕方あたり妹と合流しました。

買い物したものをみせあったり、きゅーえっくすについておしゃべりしたり、ここ数日夜は寂しいホテル時間だったのですが、わいわい過ごすことができました。

そうこうしながら私の胸の中は、明日の今頃にはもうきゅーえっくすから帰っているんだ、という思いがちらついていました。

やっと見慣れてきた東京の街並み。もうお別れが近づいていると思うと、苦しくて写真やもらった絵をホテルのベッドに並べていました。

三日目は場慣れしてきて本当の意味で私として楽しめた日になったと思います。

199X展②

199X二日目。

この日は午前中に中島うすけ君と東京で合流し、中野に向かったけれど何もお店がやっていなかったという悲しい幕開けでした(笑)
中央線沿いは朝が遅い…んだそうです、ギャラリーの方曰わく。

この日は、場所も一度は行ったところだし、うすけ君、ししゃもちゃんという元々ネットで仲良くしていた友達がいたし、家族も愛知から来るしで、前日よりはリラックスして在廊できました。

土曜日だったためか、全体的にギャラリーにいらっしゃるお客様も多かったと思います。とてもにぎやかな、わいわいとした印象が残っています。

この日のライブペイントも、線の美しさや発想の豊さに圧倒されながらではありますが、前日よりかは描けたと思ってます。

あとこの日は会いたかった人にもたくさん会えました。昔からネットで憧れてた絵描きさんや、おみやげを持ってわざわざTwitterから来てくれたフォロワーさんなど…感動してテンション上がりっぱなしでした。狂乱狂喜してたはずです。すみません。またその交流により新たにお友達になれた方もいます。本当に、この展示会にはいろんなものをいただいてるんだなあと実感。

さりげなく実際会ったことのなかったししゃもちゃんに会えたのもでかかったですね。彼はやはり会っても彼で、非常に愉快でした。あまりに愉快なのでセクハラしたり盗撮したりしましたが気にもとめないで喜んじゃったりするとこがまた愉快でした。

そんな愉快な彼が突然紙粘土を買いに高円寺の街に飛び出し、199X展のキャラクター、「きゅーえっくすちゃん」を作りました。9とXの文字をかたどったパステルカラーのその子たちは、ちゃんと199X展を最後まで見守り、主催者様にもらわれていきました。この日の最後にみんなで、きゅーえっくすちゃんと一緒に、手を前で交差した「きゅーえっくすポーズ」で集合写真を撮ったのもかなりいい思い出です。今でもときどき眺めてはにやついてしまう。素敵な人との素敵な写真です。

あと思い出深いのは家族が来たことです。渋滞に見舞われて到着が遅れましたが、そうまでしてみんな揃って来てくれたのが本当にうれしかった。
展示の話をしたとき、「東京で!?すごいね!!見に行くよ!!」とは言ってくれてましたが、東京は遠いし、みんな予定も合わないだろうし、お金もかかるし、姉は小さな子供もいる。まず全員揃ってなんて無理だろうなと思っていました。それを、色々な計画を立ててまで、みんな一緒に来てくれた。私は家族に絵を描くことを応援されてるんだなと強く感じとることのできるいい機会でした。短い時間ではあったけれど、私の絵を見てコメントしてくれたこと、私には私の世界があるよなどと言ってもらえたことは、知らない土地で過ごしてきていた私には相当なはげみになりました。

裸の絵とグロい絵が多かったので、ひかれたらどうしようかと思ったけれど、むしろほめてもらえたのは安心しました。(笑)

仲良しな交流と人の優しさあたたかさに充実したのが二日目でした。

199X展①

7月13~16日の間、東京に向かい199X展に参加してきました。

夜行バスで七時間かけて到着した大都会東京、雑多で気になるお店がたくさんな高円寺、落ち着いた白壁のギャルリージュイエ、すべてがいつもは目にすることのない、私にとってかなり非日常な空間で、そのうえ会期中はいつも快晴で暑く、いろんな意味でクラクラと目眩がしそうになる4日間でした。

199X展のメンバーは、インターネットを介して集まったため、そのほとんどが初対面同士。共通してるのは、「9X年代生まれ」、そして、「女の子を描くのが好き」という二点だけ。
私は搬入にも参加できなかったため、初日は知らない土地をさまよい、みんなどんな人なのだろうかとちょっぴり不安に感じながらギャラリーの扉を開きました。

まず目に入ったのはライブペイント用の真っ白なパネル。大きくてライトに照らされていて表現上だけでなくマジで目がくらみました。
ドギマギしながら挨拶。みなさん丁寧に名刺を手渡ししてくださり、そのうえ美人&おしゃれさんばかり。ただでさえ緊張していた私の心拍数は限界まで跳ね上がりました。らくがきをしたり、お菓子をつまんだり、なんでもない雑談をしたりしながら、ようやく誰ともなしにライブペイントが始まり、みんな自由に描き始めました。
私はただ、愕然。真っ白だった画面が、少しずつであるが埋まってゆく。その手さばきとか、筆使い。丁寧に色を選び重ねていくさま。圧倒でした。どうしてこんなに素敵なものが、その場で浮かんで表現できるのか。そして表現するための力がこんなにもあるのか。みるみる色づいてゆくパネルとは逆に、真っ白白くシャットアウトされていく私の脳内。
「描かないの?」と聞かれるけれど、それに感じ悪くならないようにと必死に返答するのが精一杯。なにもかもすごすぎて、私はこの場にいていいのだろうかという思いでいっぱい。

ライブペイントが恐れ多くて目をそらすと、飛び込んで来るのはそんな素晴らしい方々の素晴らしい作品。
極彩蛍光色、ダークでクールな世界、淡くてふんわりした質感。同じ年代に生まれた人たちの描く、同じだけど違う、「女の子」というモチーフが、その中で様々な輝きを放っていた。

こちらもあまりの凄さに目を逸らしたくなったけれど、目を逸らしてはいけない、いや、目をそらしたくないと思った。

ここまでみんなの放つ輝きが様々ならば、私の絵も何か別のかたちで輝いてくれるかもしれない、という思いがあったかは今ではわからないけれど、とにかくその時は、見ず知らずだったみなさんがこの数ヶ月間どんなものを生み出してきたのか、それはどんな色彩で、どんな意味をもつのか。絵のひとつひとつや配置、キャプションや作家さん本人の言葉たちにとらわれて吸収するのにひたすら夢中になっていた。

もちろんみんな親切で、いい人たちで、絵を眺めるのにとりあえず満足するころには、先ほどの絶望感は多少薄れ、自分もライブペイントに筆を添えることぐらいはできるようになった。

そうして199X初日が終了した。今の私がこの一日目を言葉にまとめるのならば、衝撃と、ちょっとの絶望感と、すべてへの期待、って感じだ。
何より人生初の展示だったから、これはこれで、それらしくていいのかもしれない。

長くなったのできゅーえっくすについては分けて記事を書きます。

7月の私


今年の7月は、神聖かまってちゃんの8月32日へをたくさん聴いて過ごそうと思う。
このアルバムが出たのはタイトルにちなんで去年の夏の終わりで、共にこの季節を始まりから終わらない永遠までの間過ごせるのは今年で初だがらだ!

そうすると思い出す、去年の夏。

私はなかなかにすさんでいた。新しいアルバイト先の環境が厳しすぎて私生活も制限されてたし、職業訓練に通ってパソコンの勉強もしていたし、しかも二十歳になってしまって。どうしたいのかどうしたらいいのかもわからないまま時間ばっかりが過ぎてくような焦り。
そんな中7月になってアルバイトを耐えきれない出来事があり辞めた。同時期くらいに職業訓練も期間が満了。事実上無職になり今まで以上に何もない存在に。死にたい。辞めたアルバイト先の給料が振り込まれず本社まで取りにいかされる。嫌みを言われ続けて手にした封筒の数万円。しがみついた最後の給料で予約した、「8月32日へ」。

「夏は神聖な季節」であるけれど、その神聖感は、すぐ死ぬセミとか、暑い昼間から一転して静寂の夜とか、消えちゃいそうな花火とか、もう届かない子どもの頃の夏休みから来ているもので、寂しくて儚くてせつないものたちからだからこそ得られるものなら、去年の7月の私の、なにもできない姿を、今年の私はホーリーに転換させてやりたい!

そういう思いで去年始めたアルバイトは続いてがんばってみている。そういう思い199Xにものぞむ。そういう思いで、私も二十歳なんて過ぎたのに気づかないふりでチャリをこぎつづけようとしている。

なんにもできないし、なにができるのかわからないのは変わらないけれど、せめてなにかしようって気持ちだけは持ち続けなきゃいけないよなって。私の21歳の夏休みは、東京に一人旅。じぶんの絵を飾りに行くのだ!

【展示告知】199X展

展示告知です。
7月13~17日の間、高円寺のギャルリージュイエというギャラリーで開催される、199X(きゅーえっくす)展というグループ展に参加させていただきます!
女の子を描くのが好きな、1990年代生まれの素敵な12人があつまりましたよ!
私はアクリル画を三点展示します。

私は今のところ13日~16日の間ギャラリーに顔出し予定です。また、15日は私のライブペイント日です!会期中は参加者が交代でライブペイントしてますよー

きゅーえっくすについて、詳しくはこちらから→http://chocorates.web.fc2.com/t/199x.html



生まれて初めての展示で、ものすごく緊張してます…!アクリルでキャンバスに描くのもほとんど初めての経験ですし…。
でもそれ以上に、絵を描いてる人や見に来た人たちと交流できることが何よりも楽しみです!
原画を見てもらえる機会もなかなかないので非常にワクワクです。

作品もじつはまだ完成はしてなかったり…色々と準備に焦るばかりで。

愛知から東京への遠征も久しぶりです!旅行すら最近行っていなかったし、バイトバイトだし、見知らぬ大都会に非日常体験しに行きますよー。
それでもって14日はうちの家族が見にも来てくれます。それも全員で。応援もしてもらって私は幸せだと思ってます。ただ、家族に見せるには相当恥ずかしいというか、きまずいというか、トラウマな絵なんすけどね…。笑

なにはともあれよろしくです!
DSC_0046.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR